【重要】納骨堂の利用申し込みを検討されている方へ

平成20年完成の納骨堂『白山堂』


永祥寺の納骨堂はお檀家の方のみがご利用いただけます。平成29年8月現在の総数は3,384家分あり、そのうち2,258家分が利用中、残り1,126個の空きがあります。

空きの大半は以前からある納骨堂(大心堂)の木造3段の霊拝壇です。新しい納骨堂(白山堂)への移動を検討されている方は早めに申し込まれることをお勧めします。

白山堂の仏像・菩薩像

白山堂1階の本尊 地蔵菩薩

白山堂2階の本尊 悲母観音

1段型霊拝壇

上から下まで使える大型の霊拝壇です。下部にもお遺骨を収納できます。残りわずかです。

2段型霊拝壇

当寺納骨堂の中でご利用数が多いのは「2段型霊拝壇」の上段です。

平成29年12月6日時点で上段はあと11家分しか残っていません。納骨堂の増築予定はありませんので、利用をご検討中の方はお早めに申し込まれることをお勧めします。

3段型霊拝壇

白山堂3階は3段型霊拝壇のみのフロアとなっています。

この階のご本尊様は現在製作中です。

骨箱のカバーを外せば横幅18センチのお骨箱が4つ納められます。不要であれば中板を外すこともできます。お参りのしやすい中段はお申し込みが多く、残りが少なくなりつつあります。

納骨堂新築計画

大心堂の耐用年数の限界が、私が住職を務めている間には間違いなく来てしまいます。ただいま新築の方法を模索しています。