シタールを奏でながらお寺ヨガ

繊細に研ぎ澄まされた、心の奥に響き渡る18弦シタールの澄んだ音色。

加藤ていじゅが織りなす音は、我々日本人の誰しもが心の奥に持っている、繊細な感覚を呼び起こす。

即興で繰り広げられるその音楽は、聴く人を幻想的な楽園へと惹き込みます。

日時・料金・場所

2018年6月9日 (土)

10:15~11:15  シタールを奏でながらYOGA  2500円

11:30~12:30  シタール演奏 2000円

(お支払いがありますので、15分前にはおつきください。)

場所:永祥寺 本堂

持ち物

・ヨガマット(貸出可、ご予約時にお申しつけください。)

・ブランケットかバスタオル(シャバアサナの時に使用)

・お飲物

申し込み方法

お申し込みは、メッセージにて承ります。

角畠FBメッセンジャーかamiyogadesign@gmail.comにご連絡ください。

件名を『帯広シタール参加申込』 

  1. お名前
  2. ご参加人数
  3. ご参加されるプログラムの番号(10:15〜11:15のシタールヨガ)(11:30~12:30のシタール演奏)
  4. マットの貸出(希望・持参)

を本文にご記載の上お申し込みください。

シタールとは

今から700年前、インドで生まれた弦楽器です。

大きな瓢箪(ひょうたん)をくり抜いた丸いボディーでできています。

弦は全部で18本(メロディー弦・通奏低音弦・リズム弦・共鳴弦)。

人間の可聴域を超えた高周波倍音成分を多く含んだ、神秘的な響きが特徴です。

講師

加藤貞寿(かとうていじゅ)

東京都生まれ。

4歳よりクラシックピアノを始める。

その後、次第に即興音楽に興味を持ち始め、独学で様々な音楽を研究。

20歳、渡印。

インド音楽界の至宝モニラル・ナグ氏と出逢い、弟子入り。

その後、長年にわたりシタールの厳しい訓練を受ける。

28歳、ナグ氏より演奏活動及び指導の許可を得て帰国。

以降、東京にてシタール教室を主宰。

インド及び日本各地にて演奏活動のほか、TV CMやドラマ音楽などにも携わる。

2005年、第1回ヨガフェスタ・オープニングのセレモニーで演奏。

以降、全国のヨギー達と様々なコラボレーションを行う、ナーダヨガ(音ヨガ)のスペシャリスト。

日本シタール協会 理事長

角畠(かくはた)あさみ

北海道空知郡出身。商社を退職後、2016年よりヨガのインストラクターとして活動を開始。ダイエット目的でヨガを始めたが、体が整うと心も整うことを実感し、十勝管内を中心にヨガの普及に務めている。

十勝山永祥寺でのお寺ヨガを始め、十勝管内市町村・十勝子育て応援ラボ主催イベント・ジョイフィットで講師を務める。