境内と建物内部

境内

納骨堂『白山堂』

本堂入り口

本堂

ご詠歌(ごえいか)というものがあります。

亡くなった方への追慕の念や、お釈迦様への感謝などを歌に込めてささげるものです。また、法要中にご詠歌をお唱えしてくださる方々を「梅花講」といいます。

永祥寺梅花講の歴史は深く、帯広開拓期に行き倒れで亡くなった方々を供養する六地蔵は永祥寺の観音講(梅花講の前身)が集めた600円の寄進によるものです。

昔は寒修行といって1月中、市内の家々を回る托鉢に近い活動を行っていましたが現在はお寺の中だけで活動しています。梅花講の活動に関心を寄せてくださる方はお寺にお名前と電話番号をお知らせください。

練習日:毎月17日・24日

時間:検討中

会費:無料

継続される方は経典2,000円位、法具15,000円位、念珠1,500円位などを購入していただきます。

見学は大歓迎です!お電話の上でお越しください。寺務所0155−24−3250

7:3017:00 年中無休 

春彼岸3/17~23(年によっては3/18~24)とお盆8/13~16の間は19:00まで延長

読経のお申し込み

  1. 先祖代々の供養
  2. 家内安全

のお経をお上げする「お月参り」をしております。土日は慌ただしく家々を回ってしまう事もありますが、お葬式の無い平日はゆっくりとお参りして談笑するひと時を我々も楽しみにしております。およそ10分弱の短いお勤めです。ぜひお申し込みください。

お休みする期間

以下の期間はお彼岸・お盆参りのためお月参りはお休みとなります。

1月1〜11日
3月1〜31日
7月17〜31日
8月1〜31日

7月17日~8月12日はお盆のご供養としてお檀家様のご家庭に伺っております。

おねがい

8月13日・14日・15日は納骨堂で読経のご依頼をお受けしております。これ以外の日に納骨堂の読経を希望される方が多く、葬儀や枕経に行く時間が取りづらくなっております。納骨堂での読経のご依頼は8月13日・14日・15日の3日間でお願いします。

ご相談お問い合わせについて

枕経に対応するため、17時~22時は当番の僧侶が自宅で電話をお受けします。タイミング悪く電話に出られない事も多々ありますので、番号は通知の上でおかけください。折り返しお電話します。

朝は7時ごろから電話対応していますが、運転中や朝のお勤め(7:20~8:00)の最中は出られませんので折り返しお電話します。

新規入檀の相談

永祥寺はお檀家さんが多いので新規を受け付けていないと思われているようですが、お受けしております。以下をご覧ください。この件は記事としても投稿しております

  • 既に檀家である方のご子息はお受けできます。
  • 既に檀家である方のご息女で、結婚し名字が変わっている方でも檀家代表者になることができます。
  • 移住してきたなどで十勝管内の曹洞宗寺院と繋がりがない方をお受けできます。
  • 他宗派からの宗旨替えをお受けできます。
  • 既に檀家である方のご息女の配偶者は、他のお寺との檀家関係を確認させていただきます。
  • 十勝管内の同宗派寺院を離檀してのご入檀はお受けできません。
  • ご兄弟が既に十勝管内の同宗派寺院のお檀家さんである場合も、そのお寺のお檀家になっていただき護持にお力添えください。

かつてお檀家様のご分家の方はお電話一本で新規入檀をお受けしてきましたが、十分なコミュニケーションをはからずにお受けしてきた弊害が生じています。そのため、永祥寺にお越しいただき入檀の説明を受け、登録書の記入が済んだ上で枕経に伺うこととしております。

お檀家様には所定の年会費にて寺院の維持にご協力をお願いしております。

年会費の使いみち

  1. 宗費(両大本山への支援などが目的で曹洞宗に毎年納入する)
  2. 寺院と境内の維持にかかる費用
  3. 建物の建て替えに向けた積み立て

葬儀、法事、お月参りなどでいただくお布施と年会費を合わせ、支出を差し引いた次年度繰越金を「永祥寺建築基金」に積み立てております。ご協力をよろしくお願いいたします。

宗派を変えて永祥寺のお檀家になることを希望される方は、ご家族と話し合った上でご連絡ください。

入檀以前の戒名や法名について

 先祖代々の戒名や法名を曹洞宗のものに改めなければならないのかについて、これまでのご供養を否定することはありません。そのままで結構です。

お仏壇の本尊様について

曹洞宗の本尊はお釈迦様です。他宗派の仏様(阿弥陀如来など)をお仏壇にお祀りされている場合は本尊を新しくしなければならないか気にされると思いますが、そのままで結構です。実際の曹洞宗寺院もそのお寺ごとの歴史と経緯があり、本尊も観世音菩薩や薬師如来など多種多様です。よってお仏壇の本尊もお釈迦様に変えなければならないということはないと考えております。

ただ、「宗派を変える機会にお釈迦様を本尊に迎えたい」と思われる方はぜひそのようにされてください。仏像開眼法要をお勤めします。

なお入檀料はいただいておりません。

後継者がいないお檀家さんへ

お子さんのいないご家庭の方から相談をいただくことが増えてきましたので、記事を投稿しました。

子どもがいなくても仏壇はあった方が良い(と思います)

お仏壇は自宅にお釈迦様をおまつりし、先祖の位牌を安置して自分に受け継がれてきた命に感謝の思いを抱くという意義のある空間と考えておりますが、家系が途絶え檀家が消滅した際には処分前にお仏壇の魂抜き(正しくは撥遣といいます)を行います。撥遣は永祥寺では10分程度の読経で行います。

檀家としての後継者がいるにもかかわらず、自宅に仏壇を置く気持ちがないので処分するための法要をしたいという要望には応じかねます。ご家庭の方々の手でお願いいたします。

どうしても引越し先に持っていけない場合は、本尊のお釈迦様と先祖のお位牌だけでも持っていくこともをお勧めします。

檀家を辞める時(離檀する時)に離檀料を請求することはありません。

法事について

  1. 遺影 
  2. 故人の位牌(四十九日法要で魂入れをする時は中陰期間の白木位牌1つと、新しく作った位牌1〜2つの全部を)
  3. お花(2束が基本ですが1束でも)
  4. 果物一盛り 
  5. お菓子一盛り

加えてお膳(おぜん)があるとなお丁寧です。お水を入れた小さいコップをのせます。お箸は僧侶がご飯に刺したりお膳の前に置きます。

満中陰(四十九日法要)は位牌の魂入れをします。白木の仮位牌と新しい位牌全部を持参してください。魂入れは新しく作った全ての位牌に行います。新しい位牌は、納骨堂に納める用と自宅仏壇に納める用の両方をお持ちください。

お箸は食べる人から見て箸先が左に向くように置くのが一般的ですが、曹洞宗の食事作法では右に向くように置きます。あまり気にされなくて結構です。

積み団子は枕団子ともいい枕勤めの際に供えるものなので、お膳を用意されるならばお団子までは作らずともかまいませんが、お供えしても良いでしょう。

一階法事室の準備

お膳の盛り付け方

四十九日の備

お仏壇に香・花・灯明・水・食5つのお供えをします。

  1. お線香(僧侶が立てます)と、なるべく焼香箱、火をつけるための炭
  2. お花
  3. ろうそく
  4. お水
  5. お供え物(果物・お菓子・なるべくお仏膳)

本堂と祥雲閣のご利用について

住職との相談になります。まずはこちらをご覧ください。→本堂使用規定

会場使用料

食事をその場でしない場合は無料です。食事をされる場合は会場使用料1万円(冷暖房費込み)をお願いいたします。

使用時間

決まりはありません。ゆっくり過ごしていただけます。

斎場南 40人位まで 椅子あり

斎場北 40人位まで 椅子あり 青い幕の裏にはお葬式をするための祭壇を設置しています

一階法事室 少人数のお部屋 椅子あり

法事室⑴と⑵ 20人くらいまで 椅子あり

その他

家族が亡くなってから49日の期間、お仏壇の扉はどうするのかというご質問を頂戴することがあります。以前の投稿に住職の所感を書いていますのでお読みください。「お仏壇は閉じるのか、開いたままか。」

この問題についてお檀家さまへのお願いを記事投稿しています。ぜひご一読ください。ゴミになったお供え物

祥雲閣1階の斎場北側には葬儀祭壇を設置しています。帯広市内の葬儀式場と比べると駐車場の台数も限られ、また入浴設備もありませんので不便です。ご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。

ただ、お葬式はそもそも故人に仏弟子となっていただいた上で安らかな成仏を願う式です。葬儀の式場としてお寺よりふさわしい場所はなく、当寺に生まれ育った住職としてはお檀家の方を送り出す場に選んでいただくのは嬉しくもあり、お寺が皆様に活用されている姿を見ると自然に力が入ります。

納骨堂のきまり

永祥寺だよりバックナンバー