【帯広神社×永祥寺】勉三さんゆかりの地と史跡を歩く会

夏休みの自由研究に最適!

開道150年 帯広開拓の祖「依田勉三翁」を偲び

勉三さんゆかりの地と史跡を歩く会

この夏、帯広神社様と十勝山永祥寺の初めてのコラボイベントが開催されます。帯広開拓の祖 依田勉三さんの菩提寺「永祥寺」や、神様としておまつりされる勉三さんのことを学び、勉三さんの銅像や帯広発祥の地、史跡を巡りながら、勉三さんの眠るお墓をお参りする、今年限りの特別な企画です。

宮司や住職と一緒に、勉三さんゆかりの地を歩いてみませんか!

チラシより引用

依田勉三翁、入植への決意を示した写真

依田勉三さんの経歴はこちらのサイトにわかりやすくまとめられています。→慶應義塾大学通信教育過程

依田勉三さんが十勝に入植する際に詠まれたという有名な句に「開墾の はじめは豚と ひとつ鍋」というものがあります。開墾当初は困窮にあえぎ、豚と同じ食事とするような生活でしたが、その生活を前向きに捉えて詠んだものです。

六花亭さんのお菓子「ひとつ鍋」は勉三さんの詠まれた句から命名しているのは有名ですね!

イベント内容

依田氏の菩提寺「永祥寺」からスタート。途中帯広神社様へお参り、ゆかりの地と史跡を歩き依田家の墓参を行います。

イラストマップを作成し当日配布、その後もゆかりの地を巡ることができるように広く配布を行い地域活性化を図ります。

開催日時

平成30年7月16日(月・祝日)12:30受付開始 13:00~17:00終了予定

集合場所

永祥寺 帯広市西3条南3丁目 電話0155-24-3250

募集人数

40名 対象年齢 小学3年生〜大人(小学生保護者同伴大人のみも可)

参加費

1人 300円 保険代込み

持ち物など

歩きやすい格好(スニーカー等)、タオル、飲み物、雨具

歩行距離

6.7km 約4時間を予想しています。途中にサロン齋藤亭様で休憩させていただきます。

参加記念品

帯広神社様と永祥寺のコラボ御朱印風 完歩証を製作予定です!

参加お申し込み

帯広神社様か永祥寺にお申し込みください。

帯広神社社務所 0155-23-3955

永祥寺 0155-24-3250