カンヌ国際映画祭に参加させていただきました

全国曹洞宗青年会製作の映画『典座ーTENZOー』がカンヌ国際映画祭2019批評家週間特別招待部門に正式出品されました。あの有名なレッドカーペットを歩くのは「コンペ部門」に入った作品の関係者だそうで、『典座』は残念ながらコンペ部門からは漏れてしまったのですが、批評家週間の選考者がとても気に入ってくださったそうで正式出品に選ばれました。

カンヌ国際映画祭での上映機会を得るというのは出演した僧侶はもちろん、監督の富田克也氏をはじめ撮影スタッフ全員にとって初めてのことでした。カンヌから招待の知らせが入った時は大騒ぎだったようです。

 

パスポートを持っていなかった私は大賞受賞と渡航に備えて事前に取得していましたが、まさか本当にカンヌで上映されることになるとは…驚いたという言葉で表しきれないくらい驚き、興奮しました。

そして2年をかけて映画事業を推進した全国曹洞宗青年会の会長の有言実行ぶりにはひたすらに感服するばかりです。

映画の宣伝・日本への中継・活動記録の役をいただいたので、公式上映の日程に合わせてフランスに渡り映画祭に参加させていただきました。

滞在中は僧侶の姿で会場周辺を歩き、関係者パスを使って各国のブースを周り映画の宣伝に努めました。毎日2〜30,000歩を歩いてしっかり役目を果たして帰ってきました。雪駄で歩いたので足裏は豆だらけです。

写真を永祥寺のFacebookアカウントに投稿していますのでご覧ください!

リベラシオンのサイトから転載しています
フランスの全国紙リベラシオンに大きく掲載