納骨堂のこと

平成20年に完成した納骨堂「白山堂」もいよいよ霊拝壇の数が少なくなってきました。特に、上中下段の中段は残り一桁の空き状況となっています。年内には埋まってしまう見込みなのでご利用を検討中の方はお早めにお申し込みください。

さて、西3条に面している昔からの納骨堂「大心堂」の老朽化が進んでおり、木造の霊拝壇を利用されていた方の白山堂へのお引っ越しが進んでいます。その結果大心堂にはかなりの空きができていますが、劣化が激しく納骨スペースもとても小さいため、新規のご利用申し込みが無い状況です。

この納骨堂を新築してお檀家様の要望に応えていきたいところです。

できることなら明るく、暖かい納骨堂にしたい。最近はどんな納骨堂があるのかネットで調べていた時に目を引いたのがこちら

福岡県のお寺の納骨堂だそうです。

暗い・怖いイメージのかけらも無いですね。永祥寺の納骨堂は冬は寒すぎて僧侶の服装では長時間いられないほどなのですが、ガラス張りなら何もしなくても暖かそうです・・・そして、うちもできれば3階建てか4階建ての納骨堂にしたいものです。

このガラス張りで、周辺が庭として整備されたら中から見渡した時に素晴らしい景色になりそうです。具体的な時期は全くの未定ですが、構想中であることを知っていただきたく投稿をしました。お檀家様はお知りおきください。

消毒用アルコール設置しています

カーペットを新しくします!!

シェアしてね!